所蔵品拓本>明代

祝允明 『楽志論』(しゅくいんめい がくしろん)
 祝允明 書
 縦 174cm / 横 732cm
 松本守氏寄贈品
 展示中
 祝允明は中国明代の書家。生まれつき右手の指が1本多かったことから、枝山・枝指生と号しました。彼の小楷(小文字の楷書)は明代第一と称され、草書では古風なものから自由奔放な狂草まで幅広い書風をみせています。